Skip to main content

モトクロス世界選手権 MXGP Rd.01 2月25日 カタール

ニュース   •   2017年02月27日 08:00 JST

第2ヒートを3位、総合5位となった#461 ロマン・フェーブルとYZ450FM

RACE DATA

■大会名称:2017年第1戦カタールGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2017年2月25日
■開催地:ロサイル(コース長:1,700m)

REPORT

開幕戦でフェーブルが3位表彰台獲得

FIMモトクロス世界選手権第1戦カタール・グランプリがロザイル・インターナショナル・サーキットで開催。Monster Energy Yamaha Factory MXGP Teamのロマン・フェーブルが、ナイトレースの第2ヒートで3位に入った。ジェレミー・ファン・フォルベークは両レースをそれぞれ5位/6位でフィニッシュし、総合7位となった。

ロザイル・インターナショナル・サーキットは、ライダーたちを無数に散らばる鋭いコブの待ち受ける難コース。フェーブルもコースに手を焼き、レース1では2度のクラッシュを喫して10位でフィニッシュし、本来の力を発揮できずにいた。ナイトレースの第2ヒートではで2015年にタイトルを獲得した実力を垣間見せ、3位に入った。

Wilvo Yamaha Official MXGP Teamのアルノー・トーヌスは、レース1で力走して7位に入るが、レース2では19位に終わり、総合結果は14位。ショーン・シンプソンは総合16位に終わったが、レースを前向きに振り返った。

FIMモトクロス世界選手権第2戦は3月4日、5日にインドネシア、新設のパンカルピナンサーキットにて開催される。

COMMENT

ロマン・フェーブル選手談(10位/3位:総合5位)

「厳しい週末だった。3位でフィニッシュする、そして表彰台を争う速さはあった。最初のレースではスタートは良かったけど、2度にわたってクラッシュしてしまい10位に終わった。自分に速さがあることも、ラップタイムがオーケーだということもわかっていたのだからまいったね」

ジェレミー・ファン・フォルベーク選手談(5位/6位:総合7位)

「ここは僕の好きなコースではない。ケガをすることなくここを離れることができるのが何よりだ。シーズンのスタートとしてはかなり良いと思うけど、もっとやれることもわかっている」

ショーン・シンプソン選手談(17位/14位、総合16位)

「僕はいつも楽天的なので、最悪の週末になったとしても、ポジティブな、一週間で築き上げるべき何かを見つけることができる。やることがたくさんあることはわかっているし、自分の速さと体力には明らかに改善の余地があるけど、それはできる。それについてストレスを感じてはいない。一番大事なことは僕らが今週末を過ごして、選手権ポイントを挙げたということ、そしてそれらすべてを通して、僕は実際にオーケーだと感じているということなんだ」

添付ファイル

PDF