Skip to main content

「親子エンジン分解組立教室」がキッズデザイン賞を受賞 16年以上にわたって342回の開催実績

プレスリリース   •   2019年08月23日 13:30 JST

          親子エンジン分解組立教室

 ヤマハ発動機株式会社の「親子エンジン分解組立教室」が、このたび「第13回キッズデザイン賞」(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁)を受賞しました。当社の同賞の受賞は、2015年の子ども向け車いす用電動アシストユニット「JWX-2」、2016年の幼児用組立式プール「ユニットプールきらきら」、2017年の「親子バイク教室」に続き4度目です。

 「親子エンジン分解組立教室」は、本物の小型エンジン(100cc)や工具を教材に、自らの手で分解・組立を体験しながら、部品の名称やそれぞれの役割、エンジンの仕組みやパワー出力の原理、正しく安全な工具の使い方、作業手順や整理整頓を総合的に身につける教室です。子どもたちの理科離れ、機械離れが指摘される昨今、本教室を通じて子どもたちがものづくりや機械の仕組みに興味を持ち、創意工夫の大切さ、やり遂げた際の達成感を実感できるようにカリキュラムをデザインしています。2002年以来、2018年12月末まで、計342回の開催で13,800人(組)以上の児童とその保護者が参加しました。

 「キッズデザイン賞」は子どもへの配慮、子ども目線を持った良質な製品・空間・サービス・プログラム・調査研究活動などを幅広く顕彰するデザイン賞です。今回は、3つある部門のうち「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」部門の「コミュニケーション」カテゴリーでの受賞となりました。

※「エンジン分解組立教室」から派生したその他教室の参加者や、付き添いの保護者の人数が一部に含まれています。

 

[ヤマハ発動機デザインアワードサイト]
https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/awards/

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF