Skip to main content

「S&P Japan 500 ESG」の構成銘柄に採用 ヤマハ発動機のESGの取り組みを評価

プレスリリース   •   2019年06月06日 11:00 JST

 ヤマハ発動機株式会社は、このたび、世界最大規模の金融指数算出会社の米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が発表した「S&P Japan 500 ESG」の構成銘柄に採用されました。

 「S&P Japan 500 ESG」は、「S&P Japan 500」に採用された日本企業の500銘柄のうち、国連グローバル・コンパクト原則への適合や「S&P DJI」の業界ESGスコアなどのESG要素を重要視した銘柄が選定されるもので、今回、256社が選ばれました。

 当社は、ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みを積極的に進めることで国際社会からの要請に対応するとともに、事業を通じた社会課題解決で企業成長を図り、今後もESG関連の情報開示に努めていきます。

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF