Skip to main content

スマート農業ソフトウェア・サービス提供に向けた3社との協業について 観測・解析などのエキスパート企業との連携で、スマートな農薬散布や施肥の管理を実現

プレスリリース   •   2019年03月08日 11:00 JST

「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)」のサービス全体イメージ

 ヤマハ発動機株式会社は、農業用マルチローター(通称ドローン)「YMR-08」や産業用無人ヘリによる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソフトウェア・サービス「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(以下YSAP)」の提供開始に向けて、観測・解析などのエキスパート企業3社と協業を開始します。

 YSAPは、「新しい農業スタイルを空から創る。もう一歩先の散布サービス展開」をコンセプトとして企画・開発したサービスで、防除・追肥作業計画の管理、作業履歴や作業中の機体の飛行位置情報などを、操作性に優れた画面で簡単に管理できます。このサービスは、YMR-08や産業用無人ヘリコプターなどとともに使用することで、高効率・高精度な防除・追肥作業や散布作業のデータを管理し、散布作業の価値や効率を高めることを狙いとしています。

 この実験開始にあたり当社は、農作物の育成解析、圃場の土壌解析、最適な施肥計画づくり、農薬散布作業の負荷低減といった分野での当サービスの利用価値を高めるために、衛星画像解析による営農の生産性向上サービス「天晴れ(あっぱれ)」を提供する国際航業株式会社、可変追肥システムの運用に不可欠なレーザー式育成センサー「Crop Spec」を提供する株式会社トプコン、一連の農作業の工程データを一元管理できる農業支援システム「agri-note(アグリノート)」を提供するウォーターセル株式会社との協業を開始します。

 このスマート農業分野の取り組みは、当社の2030年を見据えた中長期成長戦略の一つ「ART for Human Possibilities, Advancing Robotics」の一環です。当社はロボティクス技術や無人システムの開発の加速を通じて、より付加価値の高い農業経営や農業分野の省人化/自動化へのニーズの高まりに応えることを目指しています。

 

〈市場背景と製品の概要〉

 1990年に50代だった日本の農業就業者の平均年齢は現在66才を超え、農業就業人口は同期間で480万人から200万人前後まで減少し、現在の日本の農業では作業の省力化・効率化が強く求められています。
 こうした社会課題に対し、エンジン駆動で飛行距離やペイロードの大きい産業用無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)、軽量で機動力に長けながら無人ヘリに匹敵する高い散布品質を実現するドローン、さらに水田で遠隔操作可能な除草剤散布用無人ボートといったUMS(Unmanned System:無人システム)に加えて、果樹栽培などの自動化を支援する農業用UGV(Unmanned Grand Vehicle:無人地上車)など、幅広い無人製品群を有する当社は、製品の機能を高める企業と連携を図りながら、スマート農業分野での知見獲得を加速させ、先進農業発展への貢献を進めています。
 このたびのYSAPの実証実験の開始は、こうした取り組みの一環であり、散布用無人ヘリやドローンの付加価値を高め、散布作業の効率化・高精度化を目的としています。

 

〈YSAPでできること〉

簡単な操作による散布作業の計画・管理

 散布管理者は、当社の長年の散布に関する知見に基づいて構築されたシステムで、散布日程、オペレーター、散布機材などの管理を、アプリケーション上で簡単に行えます。また策定した計画は携帯端末上に表示されるので、散布作業者は効率よく散布作業を行うことができます。

画像解析・圃場観測と併用した散布・施肥を同時に行い、農作業を効率化

 YSAPは、画像の解析や圃場の観測を通じて、生育状態などを簡単にデータ化・可視化できるので、生産者はデータに基づく適切な施肥設計・施肥作業や圃場の確認頻度の低減をすることができます。

高効率・高精度の散布・施肥により、収穫量アップ・生産コスト削減

 作物の育成状況などの圃場管理をデータにもとづいて適切に行うことができるので、生産者は圃場の状況に合った散布・施肥(追肥)を行い、収穫量の向上を期待することができます。また最適な量の追肥は、肥料代の節約にもつながります。

 

〈協業各社の概要〉

国際航業株式会社

 70年以上にわたり航空写真測量のパイオニアとして位置付けられる空間情報コンサルティング企業です。航空測量から得る情報とその分析により、エネルギー開発、社会インフラの整備・構築、防災・環境保全を支えることを通じて、社会課題の解決に取り組み、安心で安全なまちづくり「グリーン・コミュニティ」の創造を先導しています。
 近年は、航空撮像ノウハウを農業分野にも応用し、圃場/農場や農作物の生育状況を人工衛星やドローンから診断する営農支援サービス「天晴れ(あっぱれ)」の提供を通じて、全国の農業現場の生産性向上、コスト削減に貢献をしています。

国際航業株式会社・会社概要:http://www.kkc.co.jp/company/profile.html
「天晴れ(あっぱれ)」サービス概要: https://agriculture.kkc.jp/

 

株式会社トプコン

 ポジショニング製品(測量機やICT施工)や眼科関連の医療機器をグローバルに展開する精密光学機器メーカーです。
 農業向けビジネスにおいては、トラクターの自動操舵システムで、計画、種まき、育成・管理、収穫といった営農プロセスの効率化を実現するソリューションを世界的に提供しています。
 また、太陽光の影響を受けずに作物の生育状況を非接触で正確にリアルタイム計測できる生育センサー「Crop Spec」と可変散布システムの組み合わせで農薬散布や追肥を最適化するするソリューションを保有しています。

株式会社トプコン・会社概要: https://www.topcon.co.jp/about/overview/

「Crop Spec」製品概要: https://www.topcon.co.jp/positioning/products/product/agri/CropSpec_J.html

 

ウォーターセル株式会社

 農作業や圃場、就労スタッフのデータ管理用プラットフォーム「アグリノート」を開発・提供するITソリューション企業です。
 アグリノートは、PC ブラウザのほか、専用のアプリを通じてスマートフォンやタブレットからも簡単に農作業記録や作物の生育記録の入力・閲覧・出力をすることができるので、データにもとづく圃場の管理や作業計画の策定を容易に行うことができます。

ウォーターセル株式会社・会社概要: https://water-cell.jp/
「アグリノート」サービス概要: https://www.agri-note.jp/

 

〈「YMR-08」の概要〉

 YMR-08は「散布現場で本当に必要なものは何なのか?」を基本設計思想とし、狙い通りの農薬散布できる散布装置を目指して開発した製品で、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と、当社無人ヘリに匹敵する高い散布品質を実現しています。

 1) 二重反転ローターによる力強いダウンウォッシュ散布機能、2) オペレーターの負担と薬剤散布ムラの低減を狙いとした3つのフライトモード選択機能、3) ジャパン品質のカートリッジ式バッテリーとモーターなどを備えています。
 当社は1988年に、薬剤散布に用いる無人ヘリの発売を開始し、2017年末時点の国内における当社の無人ヘリの保有台数は2,700機を超えています。
 2017年の無人ヘリによる薬剤散布は年間延べ面積100万ヘクタールを超え、国内水稲作付面積の40%以上をカバーしています。

 ※平地での連続散布を想定。圃場条件により異なります。

 

■各社に関するお問合せ先

国際航業株式会社について info-kkc@kk-grp.jp

株式会社トプコンについて 広報・IR室 03-3558-2568

ウォーターセル株式会社について  スマート農業推進部・広報担当 025-282-7368

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF