Skip to main content

フィリピンにおける二輪車生産能力の増強について 今後も拡大が予測されるフィリピン二輪市場へ対応

プレスリリース   •   2019年05月24日 11:00 JST

2020年7月に稼働予定のYMPH新工場棟の完成イメージ

 ヤマハ発動機株式会社は、フィリピンにおける二輪車のさらなる販売拡大に対応するため、同国バダンガス州のリマ工業団地内で二輪車の製造・販売を行っているヤマハ・モーター・フィリピン(Yamaha Motor Philippines, Inc. 略称:YMPH)の生産能力を増強します。

 今回の計画では、同敷地内に新しい工場棟を建設し、年間の生産能力を現在の40万台から80万台まで引き上げます。また、中長期的な目標として、フィリピンにおける販売台数100万台(輸入完成車を含む)を目指します。なおこの新工場棟は2019年5月に着工し、2020年7月の稼働を予定しています。

 2018年のフィリピンにおける二輪車総需要は、前年比14%増の約226万台となっており、今後も需要は拡大すると見込まれています。

 当社は1962年にフィリピンに進出し、二輪車の販売を開始しました。2007年からは当社100%出資の子会社YMPHを設立して二輪車の製造も開始し、市場変化にスピーディーに対応できる体制を構築してきました。当社の販売台数も2008年の約7万台に対して、2018年には約54万台にまで拡大しています。

 なお、当社は昨年12月に発表の新中期経営計画において、アセアン市場を引き続き重要市場の一つとして位置づけ、さらなる収益基盤の強化に取り組んでいくこととしています。このたびのフィリピンにおける二輪車生産能力増強は、この取り組みの一環です。

※ヤマハ発動機調べ

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF