Skip to main content

船外機 「F425A / FL425A」 北米で発売 大型機種の需要が高まる北米市場へ投入する当社最大馬力モデル

プレスリリース   •   2018年05月23日 10:00 JST

「F425A」

 ヤマハ発動機株式会社は、当社のラインアップの中では最大馬力となる425馬力の4ストローク船外機「F425A /FL425A* 」を開発し、2018年夏より北米において発売します。
 「F/FL425A」は、V型8気筒、排気量5,559cm 3、最高出力425馬力の新開発のエンジンを採用した船外機です。燃料を高圧、かつ高精度に各燃焼室に直接噴霧する「ダイレクトフューエルインジェクション」を4ストローク船外機として初めて採用。燃焼効率を高め、卓越したトルクとパワーを発揮し、ボートに最高レベルの加速性能とスピード性能を提供します。
 また、高負荷運転に対応するため、ギアケースやブラケット、カムシャフトなど、各部の強度を向上させるとともに、プラズマ溶射技術によって形成したスリーブレスシリンダー、イリジウム・スパークプラグなど、当社の船外機として新たな技術や素材を導入することにより、信頼性、耐久性を実現しています。
 さらに、次世代の船外機として一新した外観デザインは、伝統的な「船外機らしさ」「ヤマハらしさ」を継承しながらも、個性的でダイナミックなフォルムを導入し、搭載するボートの外装を引き立てます。
 「F/FL425A」は、北米での発売以降、欧州、オーストラリア、日本などの主要市場において、順次、発売する予定です。

* FL425Aはプロペラ左回転のカウンターローテーション仕様のモデルです。

【開発背景と主な特長】

 世界における船外機の主要市場である北米では、依然として大型船外機の販売が好調です。その要因としては、30フィートを超える大型ボートの推進力として主流だった船内機(インボード)や船内外機(スタンドライブ)に代わり、近年はスピード性能と燃料経済性、メンテナンス性に優れ、船内スペースが広く確保できる船外機が注目されていることが挙げられます。
 「F/FL425A」は、こうした背景のもと、より早く、より遠くの海へとフィッシングやクルージングを安心して楽しむことのできる大型オフショアボート(外洋型ボート)の推進器として開発しました。
 船外機本体に様々な新技術を導入し、定評のある「信頼性」「耐久性」を追求したことはもちろん、今回は新たな排気システムを採用し、専用プロペラも同時開発することで、通常の走行時だけでなく、後進時においても卓越したトルクを発揮します。また、近年における当社のマリン事業テーマのひとつでもある「総合システムサプライヤー」として、ケーブルや油圧装置を廃した「内蔵型電動ステアリングシステム」を開発。軽快なレスポンスを発揮する「電動ステアリング」を初めて導入したほか、ジョイスティックによる操船が可能な「ヘルムマスター」、7インチのタッチスクリーンカラーディスプレイ「CL7」と合わせ、高い利便性を提供します。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF