日立とボンバルディア社がイタリアの鉄道運営会社トレニタリア社と高速車両14編成の供給と保守に関する契約を締結

Press releases   •   Jun 05, 2019 12:00 JST

 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レール(イタリア)社(CEO:Maurizio Manfellotto)は、このたび、ボンバルディア・トランスポーテーション社(以下、ボンバルディア社)と共同で、イタリア共和国(以下、イタリア)の鉄道運営会社であるTrenitalia (以下、トレニタリア社)と、イタリアの高速車両Frecciarossa (フレッチャロッサ) 1000 14編成の供給と保守に関する契約を総額5.75億ユーロ(約698億円。内、日立契約分3.42億ユーロ(約415億円)、ボンバルディア社契約分2.33億ユーロ(約283億円))で締結しました。

 これらの車両は、日立レール(イタリア)社とボンバルディア社のイタリアの工場で製造されます。1編成の全長は約200メートル、乗車定員は約460人で、時速360キロでの営業運転を可能とし、最先端の空力および省エネ技術により運転効率を最大化します。さらに、Wi-Fi設備や会議室、ビュッフェを完備しています。車両はイタリアで設計、製造され、欧州相互乗り入れ技術要求(Technical Specification for Interoperability)要件を満たし、複数の電圧が存在する高速鉄道網で運行することができます。

日立レール(イタリア)社CEO Maurizio Manfellottoのコメント

 私たちはトレニタリア社との緊密な連携を通じて、イタリアの高速鉄道網の性能とカスタマーエクスペリエンスを劇的に向上させた車両を納入しました。これら14編成の新しい車両の受注とそれに関連するメンテナンスサービスは、私たちの成功の証です。

日立レール(イタリア)社COO Giuseppe Marinoのコメント

 イタリアの高速車両を増やすことは、私たちが誇れる成果です。新しく革新的な車両を開発することは困難ですが、この14編成の新しいフレッチャロッサ1000の受注は、私たちが競争力のある車両を提供していることの証です。私たちはさらに、イタリア向けの近代的な近郊型車両や、画期的な路面電車の開発にも取り組んでいます。

ボンバルディア・トランスポーテーション社 Managing Director Italy Luigi Corradi のコメント

 フルソリューションプロバイダーとして、ボンバルディア社は、イタリアの鉄道市場において、我々のパートナーシップアプローチにより強化された卓越性を継続して発揮できることを楽しみにしています。イタリアのモビリティ分野において、顧客の長期的なモビリティ計画の実現に貢献します。

ボンバルディア・トランスポーテーション社 Head of Sales Italy Marco Biffoni のコメント

 V300 ZEFIRO車両のプラットフォームをベースとした高速車両14編成およびメンテナンスサービスの受注は、トレニタリア社が再び私たちと日立のパートナーシップに信頼を寄せてくれたことの証です。フレッチャロッサ1000は、イタリアの乗客から高い評価を得ており、この受注は高速車両市場における継続したリーダーシップを際立たせます。

以上

Read more »

日立レールSTS社がイタリアの公共交通機関向けに、新たなデジタルチケッティングソリューションの実証実験を開始      スマートフォンからの運賃徴収により、シームレスで快適な移動サービスを提供することで、駅設備を減らしながら乗客の利便性向上を実現

Press releases   •   May 29, 2019 16:00 JST

 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レールSTS社(CEO:Andrew Barr)は、このたびイタリアのTrentino Trasporti(トレンティーノ・トラスポルティ)社と、イタリア北部の都市トレントを走るTrento-Malé-Mezzana(トレント-マレ-メッツァーナ)鉄道およびバスを含むトレントの公共交通機関における新たなデジタルチケッティングソリューションの実証実験を開始することで合意しました。

 今回実証実験を行うデジタルチケッティングソリューションは、スマートフォンをチケットとして活用するソリューションであり、日立グループのチケッティングソリューションにおける経験とデジタル技術を生かしたソリューションです。具体的には、鉄道車両やバスなどの車体や、駅やバス停などに通信端末を設置し、乗客がスマートフォンにインストールしたアプリケーションを経由して位置情報のやり取りを行うことで、乗客がどの公共交通機関を利用したかを把握して、自動で運賃を算出し、キャッシュレスで運賃を徴収することが可能になります。
本ソリューションによって、乗客は紙のチケットやICカードなどを使用する必要がなくなり、シームレスでより快適な移動を享受することができます。また、公共交通機関の事業者は券売機や改札機といった設備を減らすことで、設備への投資やメンテナンスコストを削減することが可能となります。

 本実証実験により、複数公共交通機関においてシームレスで快適な移動サービスを提供することで、乗客の利便性向上を実現します。
なお、このデジタルチケッティングソリューションがトレンティーノ・トラスポルティ社に承認され、正式な認可を受け次第、日立レールSTS社は本ソリューションを正式展開し、チケット売上の一部を受領するレベニューシェア型のビジネスを展開する予定です。

トレント自治州報道官のコメント

 日立は定められたガイドラインに従い、既存のチケッティングシステムであるMITT*と統合して独自のソリューションを実装します。新たなチケッティングシステムとトレントにおけるデジタルチケット販売の認可は、日立の存在感を示す強いメッセージとなり、デジタルチケッティング市場における日立の知名度と競争力を高めることになるでしょう。

日立レール STS社 EMEAビジネスユニット プレジデント クリスチャン・アンディのコメント

 このような、常に革新的なことに挑戦するお客さまと長年に渡って密接な関係を築き、本実証実験開始の認可を受けられたことを嬉しく思います。新たなデジタルチケッティングソリューションは乗客と公共交通機関の事業者の両方に利益をもたらします。私たちはトレンティーノ・トラスポルティ社との緊密なパートナーシップを継続し、同社が乗客に優しい移動体験を最前線で提供し続けられるように貢献していきます。

トレンティーノ・トラスポルティ社の概要

 トレンティーノ・トラスポルティ社はイタリア北部の都市トレントにおいて、トレント-マレ-メッツァーナ鉄道やバス、およびケーブルカーのインフラ保有、運営を担う会社です。トレント-マレ-メッツァーナ鉄道はトレントの中心部と山間のスキーリゾートであるドロミテエリアを結んでおり、日立レールSTS社は2002年に、トレント-マレ-メッツァーナ鉄道に信号システムを導入しています。

*Mobilità Integrata Trasporti del Trentinoの略でトレンティーノ・トラスポルティ社の既存チケッティングシステム。紙チケット、ICカード、QRコードを活用したスマートフォンアプリを利用可能。

以上

Read more »

英国向け高速鉄道車両(Class 800)の意匠で全国発明表彰「恩賜発明賞」を受賞

Press releases   •   May 23, 2019 16:00 JST

日立の鉄道事業における役員の異動について

Press releases   •   Feb 01, 2019 15:23 JST

日立製作所の鉄道ビジネスユニットは本日、2019年4月1日付の役員の異動として、現CEOであるアリステア・ドーマーが2019年4月1日付で日立製作所の執行役副社長に昇格し、新CEOには現アンサルドSTSのCEOであるアンドリュー・バーが就任することを発表しました。

アリステア・ドーマーは、欧州の鉄道事業の責任者として2003年から日立の鉄道事業に携わっており、2014年に鉄道ビジネスユニットのCEOに就任しました。CEOとして英国を中心としたでの受注拡大と旧アンサルド・ブレダおよびアンサルドSTSの買収に取り組み、グローバルな事業拡大を進めてきました。

現在、日立の鉄道事業は、車両、信号システム、保守サービスなどフルラインナップの事業を28カ国で展開しており、3大陸に11カ所の製造拠点を保有し、従業員数は1万2,000人を超えています。2017年度の売上収益は5,627億円であり、全ての事業分野においてグローバルに受注を獲得しています。

2019年4月1日から、アリステア・ドーマーは、代表執行役 執行役副社長 社長補佐(ビルシステム事業、鉄道事業担当)として、鉄道ビジネスユニットを含むモビリティ分野を担当します。アンサルドSTSの会長職は2019年7月の任期終了まで兼務します。

アンドリュー・バーは執行役常務鉄道ビジネスユニットCEOに就任します。アンドリュー・バーは、1990年にロンドン・アンダーグラウンド社で鉄道事業でのキャリアをスタートし、グレート・ノース・イースタン・レールウェイ社、ボンバルディア・トランスポーテーションUK社で勤務し、英国政府ストラテジック・レール・オーソリティーでは車両エンジニアリング・マネージャーを務め、2005年に日立に入社しました。欧州の鉄道事業において各種プロジェクトや保守メンテナンス事業の責任者を務め、日立レールヨーロッパ社の副社長兼COOを経て2016年5月にアンサルドSTS社のCEOに就任し、アンサルドSTS社の事業拡大と組織体制の強化を進めてきました。2019年7月までは引き続きアンサルドSTSのディレクターを兼務します。

Read more »

アンサルドSTS社の100パーセント子会社化と上場廃止について

Press releases   •   Jan 22, 2019 11:00 JST

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、当社の子会社であるHitachi Rail Italy Investments S.r.I(以下、HRII)を通じて、2019年1月25日にアンサルドSTS社(CEO:アンディ バー)の発行済株式の99.156%を保有する見込みとなりました。残りの株式についても1株当たり12.7ユーロで取得する権利を行使する予定です。

これにより、アンサルドSTS社は2019年1月30日に、日立の100パーセント子会社となるとともにイタリアの証券取引所から上場廃止となります。

一般留意事項

この文書に言及されている手続きは、イタリアおよび米国においてのみ実施され、日本、カナダおよびオーストラリア、ならびに関係当局から承認を取得されない限りまたはHRIIが一定条件を充足しない限りかかる頒布が認められていないその他の国において実施または頒布されておらず、またされるものではありません。

米国居住者株主への留意事項

本プレスリリースに記載されている手続きは、イタリア電子証券取引所にのみ上場しているイタリア企業であるアンサルドSTS社の普通株式に関するものです。そのため、イタリアの法律に基づく情報公開および手続きに基づき行われる必要があり、これらは、米国のものと異なります。
本件に関連する開示書類に記載された財務書類は米国以外の会計基準により作成されたものであり、米国企業の財務書類と比較対照できない可能性があります。
本プレスリリースは、アンサルドSTS社の株式について、取得の募集または売却の勧誘を目的とするものではありません。HRIIは、本手続き開始に先立ち、適用法令に基づき、開示書類を公開しており、アンサルドSTS社の株主の皆様はそちらを注意深くご確認いただくようお願い致します。
本手続きは、米国において、米国証券取引所法のルール14d-1(d)に規定される例外条項に基づき、同法の14(e)項およびレギュレーション14Eに従い、かつその他イタリア法に従い実施されております。

したがって、本手続きは情報公開ならびに撤回権、決済手続および支払時期を含むその他手続条件に従って行われ、これらは、米国の国内公開買付け手続および法令と異なります。

適用法令に基づいて許される範囲において、また、通常のイタリアの法律や市場慣行に従い、かつ米国証券取引所法のルール14e-5(b)(12)の条件が満たされる限りにおいて、HRII、アンサルドSTS社、それらの関連会社、フィナンシャルアドバイザーおよびブローカー(HRII、アンサルドSTS社またはそれらの関連会社のために行動する者)は、アンサルドSTS社の株式、または同社の株式に転換・交換しもしくは同社の株式と引換えに権利行使可能な有価証券を、本手続き公開買付けによらずに、既に取得済みであり、また、本プレスリリースの日付以降、随時、取得または取得に合意する可能性があります。

本手続きにおける買付価格があわせて引き上げられない限り、HRII、アンサルドSTS社、それらの親会社、子会社または関連会社、フィナンシャルアドバイザーおよびコンサルタント(HRII、アンサルドSTS社またはそれらの親会社、子会社もしくは関連会社のために行動する者)は、当該買付価格を上回る価格で本手続きによらない取得を行いません。

このような取得または取得予定についての情報は、イタリアにおいて公表される限り、イタリアの発行者開示規則第41条第2項(c)号に基づくプレスリリースによるか、または、アンサルドSTS社の米国所在の株主に向けた開示のために合理的に選択する方法によって、イタリア法の条件に従い米国においても開示されます。

株主は、本手続きに応募するか否かの意思決定に関しては、そのメリットおよびリスクを含む、ご自身による本手続きの検討に基づき行っていただくようお願い致します。

米国証券取引委員会(SEC)および米国のいかなる州の証券取引委員会も、(A)本手続きについて承認も不承認も行っておらず、(B)本手続きのメリットまたは公正さについて判断しておらず、また(C)開示書類における開示情報の十分さまた正確性について判断を行っておりません。なお、開示情報と相反する表明は米国における刑事処罰の対象となります。

開示書類のイタリア語版のみがイタリア証券取引委員会(CONSOB)により承認された書類となります。

アンサルドSTS社およびHRIIが米国外に所在しており、またそれらの役員および取締役の一部または全員が米国外の居住者であるため、アンサルドSTS社の株主が米国連邦証券法令に基づく権利および請求権を行使するのが困難となる可能性があります。その結果、HRII、アンサルドSTS社およびそれらの関連会社を米国の裁判所の裁判に服することを強制すること、または、米国証券法令の民事責任規定に基づく裁判を含む、上記の者に対する米国の裁判所の裁判を米国外の裁判所において執行することが困難となる可能性があります。また、アンサルドSTS社の米国株主は、米国の証券法令の違反について、HRII、アンサルドSTS社またはそれらの役員もしくは取締役を米国外の裁判所において提訴できない可能性があります。

以上

Read more »

日立が交通部台湾鉄路管理局より都市間特急車両600両を受注

Press releases   •   Jan 15, 2019 16:27 JST

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭)の現地グループ会社である台湾日立アジアパシフィック社(President: 梁琼瑜)(以下、日立)は、鉄道事業者である交通部台湾鉄路管理局(Taiwan Railways Administration/以下、TRA)、およびその調達代行機関である台湾銀行(Bank of Taiwan)より、都市間特急車両600両(12両×50編成)を約443億台湾ドル(約1,600億円)で受注し、1月15日に契約を締結しました。

TRAは、「全体調達および車両交換の計画(2015~2024年)*」を定め、鉄道の輸送力向上、老朽車両の更新のため、新造車両の大型調達・増備を進めています。今回の契約はこの計画に基づくものであり、本契約にて日立が供給する車両は、2021年以降に納入され、台湾全土を走行する都市間特急として、順次営業運転に投入される予定です。

日立は、鉄道分野におけるソリューションプロバイダーとして、都市鉄道から高速鉄道に至るまでさまざまな鉄道ソリューションを国内外に提供してきました。台湾でも長年にわたり、車両・変電設備などを納入しており、特に、台湾初の振子式特急電車であるTEMU1000形車両(通称「太魯閣(タロコ)号」)は、2007年5月の営業運転開始以来、その運行実績・アフターサービスなどで高い評価を受けています。

日立は今後も、品質および信頼性の高い鉄道車両をはじめとしたソリューションを提供することにより、台湾の鉄道インフラのさらなる発展に寄与するとともに、鉄道システムのグローバル展開を加速していきます。

*中国語(繁体字)での正式名称は「臺鐵整體購置及汰換車輛計畫(104~113年)」


新型特急車両のスペック

車種 都市間特急
編成 12両編成
電気方式 AC25kV 60Hz 架空電車線方式
軌間 1,067mm
営業最高速度 140km/h
設計最高速度

150km/h

Read more »

鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発し、さらなる製造効率の向上を実現

Press releases   •   Jan 11, 2019 16:19 JST

アンサルドSTS社がイタリアのブレシアーヴェローナ間を結ぶ高速鉄道向けの信号・運行管理システムなどを約130億円で受注

Press releases   •   Dec 10, 2018 16:21 JST

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社であるアンサルドSTS社(CEO:アンディ バー)は、イタリア共和国(以下、イタリア)のCEPAV Due Consortiumから、ブレシア-ヴェローナ間の高速鉄道向けの信号・運行管理システムなどを約9,800万ユーロ(約130億円)で受注しました。

CEPAV Due Consortiumは、ミラノ-ヴェローナ間高速鉄道建設を総合的に請け負っており、今回一部区間であるブレシア-ヴェローナ間について、アンサルドSTS社が所属するイタリアのSaturno Consortium*1に輸送システムを約2億7,200万ユーロ(約350億円)で発注しました。その中で、アンサルドSTS社は信号システム、運行管理システム、電力監視制御システム、受変電設備、火災報知設備、空調設備、トンネル内安全監視システムなどを担当します。

本契約により、アンサルドSTS社は、欧州連合が優先事項の一つとする地中海回廊*2の建設に貢献します。

*1アンサルドSTS社とアルストム社、シルティ社、コラスレール社で組成したコンソーシアム。*2欧州では輸送システムの統一による貨物・旅客輸送の円滑化、効率化をめざしており、地中海回廊は欧州連合が認定する「優先的に整備を進める」鉄道回廊(路線)のうちの一つ。地中海回廊はミラノ-ブレシア-ヴェローナを結ぶ路線を含む。

以上

Read more »

日立が西武鉄道から受注した新型特急車両が完成

Press releases   •   Oct 29, 2018 16:05 JST

日立がアンサルドSTS社の株式を追加取得

Press releases   •   Oct 29, 2018 15:40 JST

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原敏昭/以下、日立)は、当社の子会社であるHitachi Rail Italy Investments S.r.I(以下、HRII)を通じて、本日、Elliott International, L.P.、Elliott Associates, L.P.およびThe Liverpool Limited Partnership(以下、合わせて「エリオット」)が保有するアンサルドSTS株式会社(CEO:アンディバー/以下、アンサルドSTS社)の発行済株式の31.794%に相当する株式(63,588,837株)を取得する契約を締結しました。取得価格は1株当たり12.7ユーロ(約1,620円)です。取得は総額約8億8百万ユーロ(約1,030億円)の相対取引で行われ、関連する決済は契約を締結した本日から4営業日以内となる2018年11月2日に行われます。

HRIIは、既にアンサルドSTS社の株式の過半数を取得しています。今回の株式追加取得により、同社は、イタリア証券取引所(Borsa Italiana S.p.A.)が管理する電子株式市場(Mercato Telematico Azionario)のスターセグメントに上場している、イタリア企業であるアンサルドSTS社の発行済株式の82.567% (165,133,539株)を保有することとなります。

日立製作所 鉄道ビジネスユニットCEO アリステア・ドーマー(Alistair Dormer)のコメント

「今回の株式追加取得は、総合的な鉄道ソリューションプロバイダーとして、グローバル市場をけん引するという目標を実現するための重要なマイルストーンです。」

なお、本日、HRIIは別のプレスリリースで、日立による株式取得で合意した、エリオットが直接的または間接的に保有する普通株式を除いたアンサルドSTS社の全ての普通株式について、公開買付を実施することを発表しています。

留意事項

この文書に記載されている公開買付けは、公平かつ平等な条件において、アンサルドSTS社株式の保有者全員を対象とするものであり、イタリアおよび米国においてのみ実施されるものです。

米国において実施される公開買付けは、米国証券取引所法のルール14d-1(d)に規定される例外条項に基づき、同法の14(e)項およびレギュレーション14Eに従って実施されます。

この文書に記載された公開買付けは、日本、カナダおよびオーストラリア、ならびに関係当局から承認を取得されない限りまたは買付者が一定条件を充足しない限りかかる頒布が認められていないその他の国(以下、日本、カナダおよびオーストラリアと共に総称して「非対象国」といいます)において実施または頒布されておらず、またされるものではなく、当該目的のために非対象国の通信手段または国内もしくは国際通信手段(例えば、郵便ネットワーク、ファックス、テレックス、電子メール、電話およびインターネットを含む)、非対象国の仲介者を使用する手法またはその他の手段を用いることはありません。

本公開買付けに関する書類の写しまたはその一部やHRIIが本公開買付けに関して別途作成する書類の写しは、直接または間接を問わず、非対象国に送付、その他の方法により連絡、または頒布されておらず、またされることはありません。非対象国に所在する者がかかる書類を受領した場合、(郵便またはその他の通信手段により)頒布、送付または郵送してはなりません。

上記制限に違反して行われた勧誘行為に基づく公開買付けへの応募を受諾することはありません。

この文書に記載された公開買付けに関する書類は、非対象国の居住者を対象とする金融商品の募集に該当するものではなく、またそのように解釈されるものではありません。非対象国の国内法に準拠した承認を取得することなく、またはかかる法律の例外規定に従うことなく、非対象国においていかなる金融商品が募集または取得されるものではありません。

非対象国の居住者である法人または個人による公開買付けへの応募は、法律または規則に定められた義務または制限に服します。法律または規則への遵守は公開買付けによる受益者の専属的な責任であり、公開買付けへの応募に先立ち、専門家に相談することにより、このような法規制の存在およびその適用可能性についてご確認下さい。

アンサルドSTS社の米国株主への留意事項

この文書に記載されている任意的公開買付けは、イタリアの企業であるアンサルドSTS社の普通株式に関するものであり、アンサルドSTS社の株式は、イタリア証券取引所(Borsa Italiana)が組織し運営する電子株式市場(Mercato Telematico Azionario)にのみ上場しています。そのため、イタリアの法律に基づく情報公開および手続きに基づき行われる必要があり、これらは、米国のものと異なります。

この文書は、アンサルドSTS社の株式について、取得の募集または売却の勧誘を目的とするものではありません。HRIIは、アンサルドSTS社の株式に対する公開買付け開始前に、適用法令に基づき公開買付けに関する書類を公開予定ですので、アンサルドSTS社の株主の皆様はそちらをご覧いただくようお願い致します。

公開買付けは、米国証券取引所法のルール14d-1(d)に規定される例外条項に基づき、同法の14(e)項およびレギュレーション14Eに従い、かついかなる場合においてもイタリア法に従い米国にて実施されます。したがって、この文書に記載された公開買付けは情報公開ならびに撤回権、決済手続および支払時期を含むその他手続条件に従って行われ、これらは、米国の国内公開買付け手続および法令と異なります。

適用法令に基づいて許される範囲において、また、通常のイタリアの法律や市場慣行に従い、米国証券取引所法のルール14e-5(b)(12)の条件が満たされる限りにおいて、HRII、アンサルドSTS社およびそれらの各関連会社、ならびにフィナンシャルアドバイザーおよびブローカー(HRII、アンサルドSTS社またはそれらの各関連会社のために行動する者)は、この文書の日付以降、アンサルドSTS社の株式、または同社の株式に転換・交換しもしくは同社の株式と引換えに権利行使可能な有価証券を、公開買付けによらずに随時取得または取得に合意する可能性があります。なお、本公開買付けによらない取得は、本公開買付けにおける買付価格があわせて引き上げられない限り、当該買付価格を上回る価格では行われません。

このような取得または取得予定についての情報は、イタリアにおいて公表される限り、イタリアの発行者開示規則第41条第2項(c)号に基づくプレスリリースによるか、また、アンサルドSTS社の米国所在の株主に向けた開示のために合理的に選択する方法によって、米国においても開示されます。

Read more »

About Hitachi Rail Global

Address

  • Hitachi Rail Global
  • 2 More London Riverside
  • SE1 2AP London
  • United Kingdom

Subscribe via RSS