Skip to content
【Blog】Phoenix Contactのバーチャル展示会に参加してみた話

Blog post -

【Blog】Phoenix Contactのバーチャル展示会に参加してみた話

<この内容は、AaltoIn Noteの一部です>

こんにちは。Aalto International Japanの福井です。

2020年に予定されていた海外展示会。コロナウィルスの影響で、

続々と中止、延期などとアナウンスされ、なかには、

オンラインでの開催へと変更になっているイベントも多くあります。


その影響でAaltoにも「国際展示会が急遽中止になって、何をすればいい?」という相談が

雪崩のようにやってきています。


私も、オンラインで実施しているイベントによく出没していますので、

Noteでも海外企業の取り組み例を紹介していきたいと思います。


今日はこちら。


Note目次▼

  1. Phoenix Contactの『Dialog Days』
  2. イベントへの誘導、参加登録
  3. 日本企業への応用としては
  4. イベントに参加した所感
  5. Phoenix Contact Dialog Days概要


    Phoenix Contactの『Dialog Days』

    ドイツの産業機器関連の展示会、Hannover Messeがキャンセルになったことによって、
    ドイツ・産業機器大手Phoenix Contactが、独自でバーチャルでのカンファレンス及び展示会『Dialog Days』を4月末に実施しました。業界ではいち早くデジタルで実施された展示会の試みとして、話題となっています。

    Phoenix Contactによると「準備期間はたったの6週間しかなかった」とコメントしており、コロナウィルスによるキャンセルが発表されてから素早い判断と準備で進められたとみられます。

    早速、イベントの実施結果はというと、
    4月27~5月8日、英語で開催されたイベントには、6,100人がバーチャル展示ブースに来場、3,650名がカンファレンスに出席、

    4月20日〜30日、ドイツ語で開催されたイベントには、2,100人が参加し、1,000人近くの参加者がチャット機能を使用したと発表されています(Source: Phoenix Contact

    Phoenix ContactのCEOである Frank Stührenberg氏は、

    「顧客からの反応は、予想を超えるものだった。新しいイベントフォーマットに対する多くのフィードバックを獲得した。グローバルプレイヤーであるBoschもDialog Daysをベンチマークしており、イノベーティブなフォーマットを創り出したといえる」とコメントしています。

    コロナウィルスによって、大規模イベントに対する次の手が模索される中、
    Phoenix Contactの『Dialog Days』はどのようなビジョンを示したのでしょうか。


    実際に、私も登録・参加することができたので、どのようなものだったか共有してみたいと思
    います。


    <続きは、AaltoIn Noteに綴っています>

    Aalto Note

Related links

Subjects

Tags

Press contacts

Mariko Fukui / 福井 麻里子

Mariko Fukui / 福井 麻里子

Press contact Founder, CEO Aalto International Group 075-778-5013 (京都オフィス)

Related stories