Skip to main content

ボート周辺機器メーカー2社の取り込みと新会社設置について 総合マリンビジネスの確立と成長戦略の推進を図る

プレスリリース   •   2017年07月19日 11:00 JST

「ボート用プラスチック製燃料タンク」(左) 「ボートの姿勢制御を行うトリムタブ」

 ヤマハ発動機株式会社は、このたび、ボート用燃料タンクなどのプラスチック製品を製造・販売する米国企業Kracor(クレーコー)社の事業譲渡を受けるとともに、走行時のボートの姿勢制御を行うトリムタブ等を製造・販売する米国企業Bennett Marine(ベネットマリン)社を買収しました。
 また、これらの資産を取得するため、Yamaha Marine Systems Companyを設置しました。

 当社は、現中期経営計画(2016-2018年)の成長戦略の1つとして「マリン・世界3兆円市場への挑戦 -システム・サプライヤーとして強固なNo.1ブランド-」を掲げており、このたびのボート周辺機器メーカー2社の取り込みと新会社設置はその一環です。

 エンジンと燃料タンク、トリムタブをシステムで繋ぐことで、最適な姿勢制御による快適性、燃費性能の向上などお客さまへのメリットを提供できるとともに、当社のボートシステムの先進機能開発における品質・開発スピードの向上が期待できます。またボートビルダーに対しては船外機と周辺システム機器のパッケージングでの供給が可能となり、ボートの付加価値向上に一層貢献します。

 当社は、今後も成長戦略推進のため、マリン事業に限らず、積極的に他社との提携や買収等のM&Aを活用し、「ひとまわり・ふたまわり大きな『個性的な会社』」を目指します。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくためのメールです。
本メールの転送や、資料・素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF