Media no image

マリーナ運営子会社の統合および社名変更について

プレスリリース   •   2017年11月20日 11:00 JST

 ヤマハ発動機株式会社は、このたび、ブランド力と顧客サービスの向上を目的に、静岡県と滋賀県のマリーナ運営子会社2社を2018年1月1日付で統合し、社名を変更することを決定いたしました。

 統合する子会社は、静岡県で「ヤマハマリーナ浜名湖(湖西市)」「ヤマハマリーナ沼津(沼津市)」の2つのマリーナを運営する株式会社マリコム東海(以下、マリコム東海)、滋賀県で「ヤマハマリーナ琵琶湖(大津市)」を運営する株式会社ジェイ・オー・ビー(以下、ジェイ・オー・ビー)の2社で、マリコム東海を存続会社として、ジェイ・オー・ビーを合併します。これを機に、社名を「ヤマハマリーナ株式会社」へと変更し、ヤマハ発動機のグループ会社であることを明確にします。

 新会社「ヤマハマリーナ株式会社」は、3マリーナで約300隻の保管能力を有することとなり、これまでのヤマハボート免許教室の開催や会員制マリンクラブ「Sea-Style(シースタイル)」加盟マリーナとしての役割を継続するとともに、浜名湖、沼津、琵琶湖それぞれの特長を生かしたサービスを向上させることで、さらに充実したマリンライフをお客さまに提供します。

統合後の新会社の概要

社名 : ヤマハマリーナ株式会社

事業内容 : 浜名湖・沼津・琵琶湖の3ヤマハマリーナの運営、ボート免許教室・会員制マリンクラブの運営、ボート等マリン製品の販売・修理等

本社所在地 : 静岡県湖西市入出字長者1380

資本金 : 7千4百万円

株主 : ヤマハ発動機株式会社 100%

代表者 : 上谷 憲政

従業員数 : 24人

統合期日 : 2018年1月1日

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

さらに読む»
Csjzdedrktymrqicio4q

すべての人が幸せになる“Joy Wheel”を追求!電動アシスト車いす Yamaha Motor Monthly Newsletter(Nov.15, 2017 No.59)

ニュース   •   2017年11月15日 15:00 JST

Nuxr8kfyo0x8tsjqqzyz

高機能・高性能のホストコントローラユニット「YHX-HCU-HP」新発売 FA統合コントローラ「YHX」シリーズにラインアップ追加 従来機比約3倍の処理能力を実現し、さらに大規模・複雑な装置をスムーズに構築可能

プレスリリース   •   2017年11月15日 11:00 JST

F1fexcxjw3bipusqzz0v

ヤマハ発動機「2017国際ロボット展」出展概要について “ロボット搬送によるフルデジタル生産”をご提案

プレスリリース   •   2017年11月15日 11:00 JST

Media no image

組織変更と人事異動について

プレスリリース   •   2017年11月14日 11:00 JST

ヤマハ発動機株式会社は、2017年11月15日付の組織変更と人事異動を下記のとおり決定しました。

■ 組織変更について

1. ビークル&ソリューション事業本部
 UMS事業のより一貫した戦略遂行・ガバナンス強化を目的に、「ビークル&ソリューション事業本部」の組織を変更する。

 ・「UMS事業推進部」の再編
  独立していた企画戦略機能を「業務部」へ編入させ、名称を「企画推進部」とする。

■ 人事異動について

(部門名の略称)
・UMS = Unmanned System(アンマンドシステム)

(グループ会社の事業内容)
・YMMC(Yamaha Motor Manufacturing Corporation of America)は、米国でゴルフカー・ウォータービークル・四輪バギー・ROV(レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル)などの開発・製造を行う会社です。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

さらに読む»
Hanolwlk62ztcnbwyuub

ロードレース世界選手権 MotoGP Rd.18 11月12日 バレンシア

ニュース   •   2017年11月13日 08:00 JST

Beskgdanhuwrcrg8iczp

2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売 人気のロードスポーツモデルのカラー&グラフィックを変更

プレスリリース   •   2017年11月08日 11:00 JST

Zeg1zctfj6pz1mv5qkdf

工場用IoT基盤・産業用ロボットの遠隔管理システムパッケージを共同開発 ~ヤマハ発動機㈱がヤマハ㈱との協働でIoTビジネスへ本格的に参入~

プレスリリース   •   2017年11月07日 12:00 JST

Oheukzp9ca2kdbizmw3m

ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展 「TRICITY125/155」に続く、フロント2輪の3輪バイク新製品

プレスリリース   •   2017年11月07日 11:00 JST

Azafbvibrobgp7tvpv2u

使い手の心に寄り添う電動三輪コミューター「07GEN」を提案 機能性・利便性と個性を楽しむデザインコンセプトモデル第7弾

プレスリリース   •   2017年11月06日 14:00 JST

ヤマハ発動機について

ヤマハ発動機グループは、「世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを目的に、人々の夢を知恵と情熱で実現し、つねに「次の感動」を期待される企業、”感動創造企業“をめざします。

ヤマハ発動機は、小型エンジン技術、車体・艇体技術、さらには制御技術をコア技術とし、基幹の二輪車事業をはじめ、ボート・船外機等のマリン、スノーモビルや発電機等の特機、産業用ロボット、電動アシスト自転車、自動車用エンジンなど多軸に事業を展開、世界30ヶ国・地域のグループ140社を通じた開発・生産・販売活動を行い、企業目的である「感動創造企業」の実現に取り組んでいます。今や、当社製品は200以上の国・地域のお客さまに提供され、連結売上高の約9割を海外で占めるに至っています。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための専用サイトです。
本サイトの資料と素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。