リニアコンベアモジュール「LCMR200」を新発売 〜多様化する生産現場の効率化に貢献する「次世代工場の搬送プラットフォーム」〜

プレスリリース   •   2020年05月26日 11:00 JST

【ニュースレター】農業を空から変える「自動飛行」のドローン

ニュース   •   2020年05月25日 11:00 JST

コロナウイルス感染拡大に伴う生産調整・臨時休業について

プレスリリース   •   2020年05月15日 11:00 JST

 ヤマハ発動機株式会社は、6月8〜12日の5日間、ロボティクス関連の「浜松ロボティクス事業所」「都田事業所」(いずれも浜松市北区)など一部を除く、全国すべての事業所・工場・事務所等において、追加の臨時休業を決定しました。

 また、二輪車関連の生産拠点の一部について、5月25日〜6月5日の稼働日10日間を、追加で操業停止することを併せて決定しました。

 

[ご参考:コロナウイルス感染拡大に伴う休業・生産調整に関するニュースリリース]

■コロナウイルス感染拡大に伴う追加生産調整・臨時休業について(4月24日)

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0424/closure.html

■二輪車・船外機の生産調整に関するニュースリリース(4月9日)

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0409/production.html

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

さらに読む»

ロボットコントローラRCX3シリーズ用サポートソフトウェアを新発売 〜ロボットシステムの立ち上げ時間を大幅削減する新機能を搭載〜

プレスリリース   •   2020年05月14日 11:00 JST

人事異動について

プレスリリース   •   2020年05月14日 11:00 JST

ヤマハ発動機株式会社は、2020年5月15日付の人事異動を下記のとおり決定しました。

 

■ 人事異動について(2020年5月15日付)

部長級の人事異動について

(氏 名) (新 職) (現 職)
青田 元 企画財務本部経営企画部長
(兼)YMVSV社長
企画財務本部経営企画部長

 

(グループ会社の事業内容)

・YMVSV(Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc.)は、新事業開発のためのテーマ探索、育成、事業化推進およびベンチャー企業への投資検討、新ビジネスモデル開発などを行う会社です。

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

さらに読む»

不定形物も検出可能なビジョンシステム「RCXiVY2+」を新発売 〜食品などの三品業界※や衣料品へも適用が可能〜

プレスリリース   •   2020年05月14日 11:00 JST

【ニュースレター】当社エンタメサイトで楽しむ「おうち時間」

ニュース   •   2020年05月12日 11:00 JST

ロボティクス事業の中国(華南)における拠点整備・拡充について 〜成長著しい中国華南地区で販売・サービス体制を強化し、事業拡大・中期計画の基盤を構築〜

プレスリリース   •   2020年05月12日 11:00 JST

新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療現場への支援について

プレスリリース   •   2020年05月01日 11:00 JST

夢を追い、想いをつなぐリアル・アドベンチャー Yamaha Motor Newsletter (April 30, 2020 No. 80)

ニュース   •   2020年04月30日 13:00 JST

ヤマハ発動機について

ヤマハ発動機グループは、「世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを目的に、人々の夢を知恵と情熱で実現し、つねに「次の感動」を期待される企業、”感動創造企業“をめざします。

ヤマハ発動機は、小型エンジン技術、車体・艇体技術、さらには制御技術をコア技術とし、基幹の二輪車事業をはじめ、ボート・船外機等のマリン、スノーモビルや発電機等の特機、産業用ロボット、電動アシスト自転車、自動車用エンジンなど多軸に事業を展開、世界30ヶ国・地域のグループ140社を通じた開発・生産・販売活動を行い、企業目的である「感動創造企業」の実現に取り組んでいます。今や、当社製品は200以上の国・地域のお客さまに提供され、連結売上高の約9割を海外で占めるに至っています。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための専用サイトです。
本サイトの資料と素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。