Skip to main content

モトクロス競技用「YZシリーズ」7機種の2020年モデルを発売 「YZ450F」はエンジンとフレームを一新し戦闘力アップ

プレスリリース   •   2019年06月20日 11:00 JST

「YZ450F」

 ヤマハ発動機株式会社は、排気量64cm3〜449cm3のモトクロス競技用モデル「YZシリーズ」の2020年モデル7機種を8月20日より販売します。

 マイナーチェンジを行う「YZ450F」は、1)軽量&ハイパフォーマンスを両立する新エンジン、2)高次元のスタビリティとハンドリングを両立させた新フレーム、3)制動力とコントロール性を向上させた新ブレーキ、4)走行中でもエンジン特性を変更できる「モードスイッチ」などの採用により、戦闘力を向上させました。また、各モデル共通の新カラー&グラフィックを採用しました。

 なお、本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2019年6月20日から12月8日までの期間限定で予約の受付を行います。

 

※YZ シリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道 路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整え ていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。

※保証(クレーム)の対象外製品となります。

 

【2020年モデル「YZ450F」の主な特徴】

1)軽量&ハイパフォーマンスを両立する新エンジン

 戦闘力の向上を図るため、"性能向上"と"軽量化"を両立した新エンジンを搭載しました。
 新作のピストンとシリンダーヘッド、コンパクト設計の燃焼室により、圧縮比を12.8:1から13.0:1に変更。また吸排気バルブの挟み角を21.5°から14.5°に変更し、吸気ポートを最適化するなど、各部仕様の見直しにより出力特性向上を図りました。
 さらにヘッド周りをミリ単位でコンパクト化し、カム軸・クランク軸間を約5mm短縮することでマスの集中化を図りました。またヘッドカバーもマグネシウム部材の割合を増やし、シリンダーヘッドアッセンブリの軽量化(従来比310.5g減)に貢献しています。

 

2)高次元のスタビリティとハンドリングを両立させた新フレーム

 ストレートなタンクレールとテンションパイプの配置が特長のバイラテラルビーム・フレームは、肉厚とエンジン懸架ブラケットの材質・形状を見直した新作です。
 左右タンクレール肉厚を2.5mmから2.0mmに、ダウンチューブの上・下面の肉厚を3.5 mmから4.0 mmに変更し、フレーム剛性値を約2%低減。加えてエンジン懸架ブラケットは、リア側を従来のアルミ材9.5 mm厚からスチール材6 mmへ、フロント側をスチール材8 mm厚からアルミ材8 mm厚へ変更。フレームとともに剛性バランスを最適化することで、高速ギャップ走行時の穏やかなマシン挙動、軽快な走破性に貢献。サスペンションのセッティング効果と相まって、安定性と操縦性をバランスさせました。

 

3)制動力とコントロール性を向上させたブレーキ

 

 フロントブレーキは、キャリパーのピストンサイズを22.65 mm径から25.4mmに大径化し、剛性も30%アップ。さらに、面積を25%拡大し摩擦力の安定性を高めた新作パッド、従来と同じ重量でパッドとの接触面を16%拡大した新作ディスクローターを採用し、入力に応じた強力な制動力とコントロール性を発揮します。
 またリアブレーキは、キャリパー形状変更、ディスク形状変更、熱容量バランス最適化などにより、システム全体で約120gの軽量化と制動力の安定性向上を果たしました。

 

4)走行中でもエンジン特性を変更できる「モードスイッチ」

 左ハンドルに、燃料噴射/点火時期のマッピングを切り替える「モードスイッチ」を新設しました。あらかじめ「パワーチューナー」でマップを2種類登録しておけば、走行中でもレース状況やコース環境の変化に応じて自由に、すばやくエンジン特性の変更が可能です。

※パワーチューナー:スマートフォンにダウンロードした専用アプリケーションでエンジンチューニングを行うシステム

 

2020年モデル「YZ450F」主要仕様諸元

 

2020年モデル「YZ450F」のフィーチャー ★新フィーチャー

 

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF