Skip to main content

産業用ドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOに展示 優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”採用

プレスリリース   •   2017年10月10日 11:30 JST

「YMR-01」 /ローターの回転方向図

 ヤマハ発動機株式会社は、10月11日から13日にわたり幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」において、2018年販売予定の産業用マルチローター(通称ドローン)のプロトタイプ「YMR-01」を参考出品します。二重反転ローターの特徴を活かした設計と、軽量カーボン製ボディにより、1フライトあたり1ヘクタールの連続散布と、当社産業用無人ヘリコプター(以下無人ヘリ)に匹敵する散布品質を実現しています。

 当社は無人ヘリによる薬剤散布事業において30年余の実績があり、現在は国内水稲作付面積の40%以上をカバーしています。一方で無人ヘリでは対応しにくい狭小圃場では手作業のほか、近年ドローンによる薬剤散布も拡大しつつあります。

 今回の「YMR-01」は、二重反転ローターと最新の軽量化技術を融合させることで、高品質な散布、使い勝手の良さ、そして信頼性を求める農業関係者のニーズに応えるモデルです。6軸ローターの左右2軸を“上下二重反転”とする8枚ローター式を採用することで適切な降下気流を生み出し、二重反転軸近傍に散布ノズルをおくことにより作物の根本まで均一に薬剤を届けます。
 さらに製品提供だけでなく、当社オリジナルのフライトシミュレーターなどを活用した実践的な教習サービスも用意します。
 なお当社は、株式会社やまびこ(以下やまびこ)とマルチローターに関して業務提携を行い、やまびこに対しマルチローターを供給、やまびこからは当社へ粒剤散布装置の供給を予定しています。また、同製品の販売は、既存の特約店に加え、やまびこの販売網でも実施します。

主な特徴
1)上下二重反転ローターと散布ノズル最適配置による当社無人ヘリに匹敵する散布品質の実現
2)軽量で剛性バランスに優れたモノコックシェル構造カーボン製ボディ
3)電装系を冷却するダブルエアーインテークデザイン
4)着陸時の衝撃を緩和するランディングギア
※平地での連続散布を想定。圃場条件により異なります。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくためのメールです。
本メールの転送や、資料・素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF