Skip to main content

電動トライアルバイク「TY-E」にて世界選手権へ初参戦

プレスリリース   •   2018年03月23日 12:00 JST

「TY-E」

 ヤマハ発動機株式会社は、電動ならではの特長を活かした電動トライアルバイク「TY-E」を開発し、7月14-15日[フランス、Auron(オロン)]、7月21-22日[ベルギー、Comblain au Pont(コンブレン オー ポン)]で行われる“2018FIMトライアル世界選手権 TRIAL E クラス”へ初参戦します。参戦にあたっては、全日本トライアル選手権IAスーパークラスで活躍中の黒山健一選手がYAMAHA FACTORY RACING TEAMからエントリーします。また、この車両は本日から東京ビッグサイトで開催される「東京モーターサイクルショー」ヤマハブースへも出展いたします。

 今回の「TY-E」は、当社“Evolving R&D(エボルビング R&D)”活動から生まれた先行的な開発車両です。“Evolving R&D”活動は、研究開発統括部にて行われる業務時間の5%を利用し、個人の裁量のもと、イノベーション創出のために従来の枠にとらわれない自発的・自律的な活動ができる機会を提供する活動です。この活動の中で、EV開発の課題である「コンポーネントの高出力小型軽量化」「意のままに操れる運転のし易さ」を克服すべく、競技用トライアルモデルに着目し、開発に取り組みました。

 「TY-E」の主な特徴は、1)力強い低速トルクと伸びやかな加速を両立し高い走破性を実現する高回転型の小型高出力モーターの搭載、2)極低速から高速域まで優れたレスポンス、パワーフィーリングを実現するモーター制御技術、3)優れたトラクション性能を実現する電動モーターと最適化されたフライホイール、瞬発力とコントロール性を確保するメカニカルクラッチなどを搭載したパワーユニット、4)新設計した小型高出力電池パックなどの高出力・小型軽量のコンポーネント、5)最適な剛性と電池格納スペースを確保しながら軽量化を突き詰めたCFRPモノコックフレーム、6)ダイナミックなライダーアクションを妨げない限界まで突き詰めたスリムなスタイリング などです。

《FIMトライアル世界選手権 TRIAL E クラスについて》

FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が主催する電動トライアルマシンのみが参加可能な、唯一の世界選手権です。昨年の6月24-25日フランス Lourdes(ルルド)にて初開催され、昨年度は11名の選手がエントリーし、スペイン出身のMarc COLOMER (マーク コロメ)選手が初優勝しました。今年は、7月14-15日フランス Auron(オロン)、7月21-22日ベルギー Comblain au Pont(コンブレン オー ポン)の全2戦が予定されています。

《黒山健一選手について》

氏名          黒山 健一(くろやまけんいち)
出身地         兵庫県
生年月日        1978年7月24日
2018年参戦      全日本トライアル選手権 IAスーパー、FIM TRIAL-E CUP
2018年参戦チーム   YAMAHA FACTORY RACING TEAM
2017年成績      全日本選手権国際A級スーパークラス ランキング2位

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF