Skip to main content

MTシリーズの人気機種「MT-09 ABS」初のマイナーチェンジ 精悍なフロントビュー&さらに上質な走行性能

プレスリリース   •   2017年01月23日 12:00 JST

「MT-09 ABS」

 ヤマハ発動機株式会社は、ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルと優れた走行性で人気の「MT-09 ABS」をマイナーチェンジし、2017年2月15日から発売します。

 「MT-09 ABS」は、現行モデルのさらなる熟成をベクトルに、“Multi performance Neo roadster”をコンセプトに開発、1) レバー操作荷重を低減するA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、2) 滑らかにシフトアップできるQSS(クイック・シフト・システム)、3) 圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンション、4) フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビュー、5) “塊感”&“力感”のあるサイドビュー、6) ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたアルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーなどを新たに採用しました。


《2017年モデル「MT-09 ABS」の新たな特徴》
1) レバー操作荷重を低減するA&Sクラッチ
 
穏やかな車体挙動と、軽いクラッチ操作荷重を実現するため、アシストカムとスリッパーカムの2種のカムを設けたA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを採用しました。クラッチレバーの操作荷重は従来モデル比で約20%低減しました。


2)
滑らかにシフトアップできるQSS
 
機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するQSS(クイック・シフト・システム)を新採用。シフトレバーの動きをシフトレバーロッドに設けたスイッチが検知すると、ECU演算によりエンジン出力を補正し、噛み合っているギアの駆動トルクを瞬間的にキャンセルし、シフトアップ操作を支援します(「YZF-R1」と同様の仕組み)。なお、これに合わせ新作スプロケットカバーを装着しました。

3) 圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンション
 
走行シーンに合わせてセッティングを楽しめるよう、41㎜インナーチューブ採用倒立フロントフォークには圧側減衰力の調整機能を設けました。

4) フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビュー
 
コンパクトな新作LED4灯ヘッドランプと、「MT-10」と連動した2眼デザインによるヒール感ある表情がフロントビューの特徴。車体をコンパクトに見せるため、ランプユニットはフロントフォークへ近づけてレイアウトしました。また、フロントを軽快に見せるため、フォークとライトの間に空間を設けフローティング風のデザインとしつつ、フラッシャーもラジエター側面に移しています。フローティング風の懸架にすることで見えてくるヘッドランプ裏のヒートシンクとボルトにも抜き意匠を施し、ライダーに”魅せる裏側”を構成しています。


5)
“塊感”&“力感”のあるサイドビュー
 
ラジエター周辺にはサイドフィンと大型エアスクープを採用し、“塊感”と“力感”を強調するシルエットに貢献しています。”立体感・奥行感”あるテールランプは傾斜しながらボディに一体化しており、上から眺めると「M」の形がみてとれます。レンズ内側の4本の導光体によってリアビューでも”フローティング”の印象を醸し出します。


6)
ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたリアフェンダー
 
リアフェンダーは、ライセンスプレート懸架も兼ねたアルミ鍛造製の片持ちステーを採用し、ショートテール化を実現しました。また、右側面からのリアタイヤとリアホイールをクリーンに見せ、ライセンスホルダー周辺にもフローティング風デザインを施しています。(ヤマハ製モーターサイクル初)。

《従来からの主な特徴》
■軽量アルミ鍛造ピストン■破断分割式(FS)コンロッド■オフセットシリンダー■1次偶力バランサー■YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)■ナノ膜コーティングのエキゾーストパイプ■YAMAHA D-MODE(走行モード切替システム)■CFアルミダイキャスト製フレーム


*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくためのメールです。
本メールの転送や、資料・素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF