Skip to content
「PAS ワゴン」(アースブルー) (アイボリー) (レッド)
「PAS ワゴン」(アースブルー) (アイボリー) (レッド)

プレスリリース -

三輪の電動アシスト自転車「PAS ワゴン」を発売 新カラーと次世代ドライブユニット採用でイメージを一新した2018年モデル

 ヤマハ発動機株式会社は、積載性に優れた三輪の電動アシスト自転車「PAS ワゴン」2018年モデルを2018年5月2日より発売します。

 「PAS ワゴン」は、足つき性とまたぎやすさに優れた低床U型フレームに、低重心で実用的なリヤバスケットを装備した三輪タイプのモデルで、バッテリー残量を大きな数字で表示する「液晶かんたんスイッチ」やシンプルな2つの走行モード、暗くなると自動点灯するオートライトなど、使う人にやさしく便利な機能が充実しています。

 2018年モデルは、華やかで上質感のある3種類の新カラーをラインアップし、イメージを一新しました。車体カラーだけでなく、パーツまでトータルカラーコーディネートし、車体全体でアクティブなイメージを演出しています。サドルの変更により、クッション性と足つき性 も向上しています。
 また、「軽量・コンパクト・高性能」による走りの楽しさと環境性能を高次元で具現化するスマートパワー・ドライブユニットコンセプト“GREEN CORE(グリーンコア)”に基づいたドライブユニット(PAユニット)を新たに搭載し、車両重量の軽量化やより軽やかな走り心地を実現しました。

 ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を実現する当社独自の機構「S.P.E.C.3」やなめらかで快適なアシスト走行を実現するトリプルセンサーシステムなど、従来から好評の特長はそのまま継承しています。

※サドルの変更により、2017年モデルとの比較で、適応身長を30mm、最低サドル高を20mm低減しています。

※1 一充電あたりの走行距離は、2010年3月改正の自転車協会電動アシスト自転車安全基準に規定された「低速パターン」をバッテリー満充電からアシスト停止まで走行したときの走行距離の当社測定値。「低速パターン」の測定条件は以下の通り。
バッテリー新品、常温15〜25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量) 65kg、平滑乾燥路面、無風、無点灯状態で、平坦路(1km)、勾配4度の上り坂(1km)、平坦路(1km)、勾配4度の下り坂(1km)を含む全長4kmの標準走行路を設定し、平坦路「変速機・3」8km/h、上り坂「2」5km/h、下り坂「3」11km/hで走行し、1kmごとに一旦停止。

※2 容量は、Typ.容量(代表容量)として、当社が従来より使用している方法で測定したバッテリー容量であり、代表機種の標準パターンで走行した場合に使用できるバッテリー容量の平均値。JIS C 8711によるとTyp.容量15.4Ahのバッテリーは定格容量15.0Ahとなる。

トピック

タグ


*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

プレス連絡先

SPV事業部 マーケティング部

電動アシスト自転車 0538-32-1963

関連コンテンツ

ヤマハ発動機グループは、「世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを目的に、人々の夢を知恵と情熱で実現し、つねに「次の感動」を期待される企業、”感動創造企業“をめざします。

ヤマハ発動機は、パワートレイン技術、車体艇体技術、制御技術、生産技術を核とし、二輪車や電動アシスト自転車などのランドモビリティ事業、ボート、船外機等のマリン事業、サーフェスマウンターやドローンなどのロボティクス事業など多軸に事業を展開、世界30 ヶ国・地域のグループ140社で開発・生産・販売活動を行い、企業目的である「感動創造企業」の実現に取り組んでいます。今や、当社製品は180 を超える国・地域のお客さまに提供され、連結売上高の約9 割を海外で占めています。http://global.yamaha-motor.com/jp/

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための専用サイトです。
本サイトの資料と素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。