Skip to content
写真左より、「PAS With」(スモークイエロー)、「PAS With DX」(マットアンバー)、「PAS With SP」(バーガンディー)
写真左より、「PAS With」(スモークイエロー)、「PAS With DX」(マットアンバー)、「PAS With SP」(バーガンディー)

プレスリリース -

電動アシスト自転車「PAS Withシリーズ」2021年モデルを発売 〜「スマートパワーアシスト」などの好評な快適機能はそのままにカラーリングを変更〜

 ヤマハ発動機株式会社は、毎日のお買い物や通勤など幅広いシーンに対応する電動アシスト自転車のスタンダードモデル「PAS With(パス ウィズ)」「PAS With DX(パス ウィズ デラックス)」「PAS With SP(パス ウィズ スーパー)」のカラーリングを変更し、12月10日より順次発売します。

 2021年モデルの「PAS Withシリーズ」は、登坂時などの高回転ペダリングでものびやかで快適なアシストフィーリングと状況に合わせて全自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」などの好評な快適機能はそのままに、一部のカラーリングを変更しました。

 「PAS With」は、幅広いシーンで使いやすいデザインと機能を備えた、「PAS Withシリーズ」内最軽量のスタンダードモデルです。カラーラインナップは全6色(24型は4色)。人気の定番カラーは継続しながら、2021年モデルは、カジュアルな印象を感じさせる「スモークイエロー」を新たに設定しました。
 「PAS With DX」は、実用性を押さえながら、「籐風ナチュラルバスケット」「クラシカルテリーサドル」など細部までデザイン性にこだわったファッショナブルモデルです。カラーリングは、カジュアルな印象を感じさせる全5色(24型は3色)。2021年モデルは、スタイリッシュな大人の上質感を感じさせる「マットアンバー」を新たに設定しました(26型のみ)。
 「PAS With SP」は、「PASシリーズ」最上位のアシストレベルによる優れた登坂性能、大容量15.4Ahバッテリーの搭載、衝撃吸収に優れたGEL入りコンフォートサドル、大容量エレガントバスケット(24L)の採用など実用機能に優れたプレミアムモデルです。カラーリングは、ハイエンドモデルとして上質な印象を感じさせる全4色(24型は2色)。2021年モデルは、ラグジュアリーな印象を感じさせる「バーガンディー」を新たに設定しました(26型のみ)。

 

 

【 主要諸元 】

※ 1 一充電あたりの走行距離は、バッテリー満充電からアシスト停止まで走行したときの走行距離の当社測定値。「標準パターン」の測定条件は以下の通り。
バッテリー新品、常温15〜25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量) 65kg、平滑乾燥路面、無風、無点灯状態で、平坦路(1km)、勾配4度の上り坂(1km)、平坦路(1km)、勾配4度の下り坂(1km)を含む全長4kmの標準走行路を設定し、平坦路「変速機・3」15km/h、上り坂「2」10km/h、下り坂「3」20km/hで走行し、1kmごとに一旦停止。

※ 2 容量は、Typ.容量(代表容量)として、当社が従来より使用している方法で測定したバッテリー容量であり、標準パターンで走行した場合に使用できるバッテリー容量の平均値。JIS C 8711によるとTyp.容量12.3Ahのバッテリーは定格容量12.0Ah、Typ.容量15.4Ahのバッテリーは定格容量15.0Ah容量となる。

※ 3 バッテリーの残量がほぼ無い状態から、満充電までの時間を指します。環境や条件によって充電時間が異なる場合があります。

※ 4 26型のみの設定カラー

 

トピック

タグ


*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

プレス連絡先

コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

広報全般(モータースポーツ関連を除く) (本社)0538-32-1145 /(東京)03-5220-7211

関連コンテンツ