Skip to main content

【ニュースレター】はい、ヤマハ発動機 広報です。No.142(まとめ)

ニュース   •   2019年08月28日 11:00 JST

このニュースレターは、8月5日、19日、および26日に配信した内容をPDFファイルにまとめてご案内しているものです。

 

【社会】

全国初! 港町を走るグリスロ潮待ちタクシー

広島県福山市の鞆の浦地区は、日本遺産にも認定された港町。人気アニメ映画のモデル地として注目を集めたことや貴重な歴史遺産が点在することから、年々観光客が増えています。この風光明媚な瀬戸内の町に、今年4月、当社製ランドカーをベースとしたグリーンスローモビリティが走り始めました。観光客や地域のお年寄りを乗せた「鞆の浦グリスロ潮待ちタクシー」は、今日もゆっくり・のんびり運行しています。

(この記事を読む)

 

【人材】

「未来のヤマハ」の最前線、その順調な船出

先端技術や高度人材の獲得、さらにはオープンイノベーションの推進など、複合的なミッションを担った当社の研究・開発機関「ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)」(YMAT)。その開設からちょうど1年が経過し、わずか数名でスタートしたオフィスはおよそ40名の人材で活気に満ち溢れています。多様な人材が互いに刺激を与えながら新しい価値を生み出す、YMATのいまを紹介します。

(この記事を読む)

 

【海外】

アフリカで始動!水の安全を啓発する「紙芝居」

「ヤマハクリーンウォーターシステム」は、自然の水浄化の仕組みを応用したシンプルな浄水装置。主に水道設備のないアフリカやアジアの小規模集落で設置が進み、現在、世界で36基が稼働しています。その利用率を高めることで人々の健康に寄与しようと、ちょっとユニークな啓発活動がアフリカで始まりました。「安全な水」に対する意識を高めることを目指した紙芝居。セネガルで実施した実証実験の様子をお伝えします。

(この記事を読む)

 

添付ファイル

PDF