Skip to main content

「SLAS Europe 2018」への出展について 細胞ハンドリング装置「CELL HANDLER™」を用いた実験工程の自動化を提案

プレスリリース   •   2018年06月25日 15:00 JST

 「ブースイメージ」                「CELL HANDLERTM」

 ヤマハ発動機株式会社は、ベルギー、ブリュッセルで初開催されるラボの自動化およびスクリーニング装置の展示会「SLAS ※1 Europe 2018 Conference and Exhibition」に出展し、細胞ハンドリング装置「CELL HANDLER™」を通じた抗がん剤感受性検査やバイオマーカー試験など、細胞(塊)を用いる実験工程の自動化を提案します。

 「CELL HANDLER™」は、従来手作業であった目的の細胞(塊)の移動・撮像・データ化を高速・高精度で行うことができる装置で、iPS細胞やトランスフェクション細胞の選別、ゲル内で培養した標的の細胞(塊)の迅速・的確な直接ピッキング、Ex vivo組織 ※2の画像選択/直接ピッキングなどへ応用することも可能です。

 メディカル研究分野の専門家が多く集まる「SLAS Europe 2018 Conference and Exhibition」への出展を通じて、細胞(塊)を用いたスクリーニング、検査作業をハイスループット化する「CELL HANDLER™」の利点を広く知っていただくことで、薬効の高い治療薬の開発や個別化医療のスピードアップと低コスト化への貢献を目指します。

※1: Society for Laboratory Automation and Screening

※2: 生体から取り出された組織です。CELL HANDLERTMは、生体から取り出された組織を細断後に、目的の組織小片を選択できます。

■「CELL HANDLERTM」製品情報

https://www.yamaha-motor.co.jp/hc/

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF