Skip to main content

「YPJ-R」2018年モデルを発売 ロードバイクタイプのスポーツ電動アシスト自転車 ヤマハらしいスポーティなイメージを強調する新カラーリングを採用

プレスリリース   •   2017年09月29日 11:30 JST

YPJ-R(ピュアパールホワイト) YPJ-R(ソリッドブラック/ダークグレー)

 ヤマハ発動機株式会社は、ロードバイクタイプのスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-R(ワイピージェイアール)」2018年モデルを、2017年11月9日より発売します。

 「YPJ-R」2018年モデルは、車体全体のカラーリングを変更し、ホワイトをベースカラーに、ヤマハらしいスポーティなイメージを強調するブルーとシルバーのグラフィックを施した「ピュアパールホワイト」、ブラック×グレーのコンビネーションカラーにゴールドの差し色が大人の上質感を演出する「ソリッドブラック/ダークグレー」の2色を採用しました。バッテリーのグラフィックやハンドル(バーテープ)のカラーも変更し、「YPJ-R」ならではのスポーティさとスマートさを強調するデザインに仕上げました。

 「YPJ-R」は、ヤマハ製の電動アシスト自転車の中では最軽量の約15kgの車体重量で、アシストのない領域でもスポーツ自転車としての快適な走行が可能です。発進や加速などのシーンでは、アシストのメリットを生かしたパワフルな加速で、巡航速度までスムーズにつなげます。登坂シーンでは、電動アシスト自転車ならではの走りを楽しむことができます。
 2015年の発売以来、新感覚のスポーツ自転車として、自転車に興味の高い若年層や中・長距離ライドを快適に楽しみたい自転車ユーザー層より支持を得ています。

 今後も、新感覚のスポーツ電動アシスト自転車「YPJ」シリーズのモデルラインアップの拡充や魅力向上を図り、これまでにないスポーツ自転車の楽しみ方を提案します。
※ Mサイズ 15.4kg、 XSサイズ15.2kg

《 「YPJ-R」2018年モデルの特長 》
■ヤマハらしいスポーティさと上質感にこだわった新カラーリング&グラフィック
(フレーム)
フレームサイズは、各カラー Mサイズ・XSサイズの展開。
ハイドロフォーミングチューブが特徴的な軽量アルミフレーム、カバー類を廃したシンプルなデザインはそのままに、ブルーのアクセントカラーがヤマハらしいスポーティなイメージを演出する「ピュアパールホワイト」、大人の上質感を感じさせるスタイリッシュな「ソリッドブラック/ダークグレー」の2カラーをラインアップしました。

(バッテリー・その他パーツ)
車体イメージと合わせて、バッテリー等のグラフィック、ハンドル(バーテープ)のカラーも変更。

《 「YPJ-R」の特長 》
■車体には、クランク合力タイプの「PW」ドライブユニットと小型バッテリーを搭載
(「PW」ユニット)

(バッテリーと充電器)

■メインコンポーネントには、SHIMANO 105を採用

■マイクロUSBポート装備のスイッチユニットと、様々なインフォメーションの表示が可能な液晶マルチファンクションディスプレイ

※1 一充電あたりの走行距離は、2010年3月改正の自転車協会電動アシスト自転車安全基準に規定された「標準パターン」をバッテリー満充電からアシスト停止まで走行したときの走行距離の当社測定値。「標準パターン」の測定条件は以下の通り。
バッテリー新品、常温15~25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量) 65kg、平滑乾燥路面、無風、無点灯状態で、平坦路(1km)、勾配4度の上り坂(1km)、平坦路(1km)、勾配4度の下り坂(1km)を含む全長4kmの標準走行路を設定し、平坦路「変速機・前2、後11」15km/h、上り坂「前1、後9」10km/h、下り坂「前2、後11」20km/hで走行し、1kmごとに一旦停止。

※2 容量は、Typ.容量(代表容量)として、当社が従来より使用している方法で測定したバッテリー容量であり、標準パターンで走行した場合に使用できるバッテリー容量の平均値。JIS C 8711によるとTyp.容量2.4Ahのバッテリーは定格容量2.3Ahとなる。

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくためのメールです。
本メールの転送や、資料・素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。

添付ファイル

PDF