Skip to content
写真左より、「PAS CITY-C」(グロススモークイエロー)、「PAS CITY-X」(ホワイトオレ)
写真左より、「PAS CITY-C」(グロススモークイエロー)、「PAS CITY-X」(ホワイトオレ)

プレスリリース -

コンパクト電動アシスト自転車「PAS CITY-C/CITY-X」21 年モデル ~状況に合わせ全自動でアシスト力制御などを行う好評の「スマートパワーアシスト」を搭載~

 ヤマハ発動機株式会社は、軽量コンパクトな車体から街乗りなどで人気の20型電動アシスト自転車「PAS CITY-C(パス シティ シー)」「PAS CITY-X(パス シティ エックス)」に、好評の「スマートパワーアシスト」の搭載などを行い、2月3日より順次発売します。

 2021年モデルの「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」に新たに搭載する「スマートパワーアシスト」は、登坂時などの高回転ペダリングでも伸びやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)の実現と、負荷が大きい坂道、負荷が小さい平坦路など状況に合わせて全自動でアシスト力を制御します。

 「PAS CITY-C」は、カジュアルなデザインと街中などでも取り回ししやすい軽量コンパクトな小径20型モデルです。主な特徴は、乗り降りしやすくカジュアルな印象を与える低床U字型フレーム、可愛いデザインと機能性を両立させたデルタハンドル・大型テリーサドル・砲弾型バッテリーランプの搭載などです。2021年モデルのカラーリングは、カジュアルな印象で手軽に楽しく外出したくなる「グロススモークイエロー」「マットアンバー2」「マットブラック」を新たに設定しました(全4色)。また、駐輪時にふらつきを押さえるパーキングストッパーも新たに採用しました。

 「PAS CITY-X」は、スマートに街乗りを楽しめる軽量コンパクトな小径20型モデルです。主な特徴は、クールでスタイリッシュな印象を与える直線的なX字型フレーム(Xフレーム)、スポーティな走りを実現するセミスリックタイヤ・セミストレートハンドル・スポーティサドル、優れた制動力を発揮するVブレーキの搭載(前輪)などです。2021年モデルのカラーリングは、都会の様々なシーンにマッチする「ホワイトオレ」を新たに設定しました(全3色)。

 

 

【「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」へ新たに搭載される「スマートパワーアシスト」について 】

1) アシストフィーリングアップ!を果たした新アシスト制御

 「PAS」ならではの乗る人の動きに合わせた自然でパワフルなアシストフィーリングをさらに進化させました。
 今回搭載されるアシスト制御は法律で定められたアシスト範囲内で、さらなる快適登坂走行を目指したものです。具体的には、高回転領域の出力アップを果たし、低速~中速ギアを使った登坂がさらに快適になりました。坂道で軽いギア(1速、2速)に切り替えた時などにペダルを漕ぐスピードが速く(高回転)なっても、空回り感なくパワフルなアシストを得られます。

 

2) 賢く自動で“パワーと距離の両立”を図る新モード「スマートパワーモード」

 2021年モデルの「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」のアシストモードは、「強モード」「スマートパワーモード」「オートエコモードプラス」の3段階。
 今回追加される「スマートパワーモード」は、走行中の人の動き(自転車のペダルを漕ぐ力やペダルを回す速さ)や路面の状況から、最適なアシストパワーを自動で制御。急な坂道や荷物積載時などアシストパワーが必要なシーンではパワフルにアシストし、アシストの必要性が低くなる平坦路や下り坂ではアシストパワーをセーブします。走行中に「強」モードへの切り替え操作を行わなくても、常に自動で最適なアシスト力が提供されるため、手間要らずで、非常に使い勝手の良い走行モードです。電動アシスト自転車に初めて乗る方や、運転に集中したい方などにも便利な新機能です。

 

3) 前回使用時のアシストモードを「PAS」が記憶する「走行モードメモリー機能」

 前回使用時(電源オフ時)に選択していたアシストモードを記憶し、次回使用時(電源オン時)に記憶したモードで起動します。スタート時のアシストモード設定の手間が省ける便利な機能です。

<「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」に新たに搭載される「液晶5ファンクションメーター」>

※走行モードメモリー機能(新機能)
スイッチオン時に、前回使用したアシストモードで起動。
いつも使うモードが決まっている方は、起動時にモード選択の手間が省けます。

 

【 主要諸元 】

※1 一充電あたりの走行距離は、バッテリー満充電からアシスト停止まで走行したときの走行距離の当社測定値。「標準パターン」の測定条件は以下の通り。
バッテリー新品、常温15~25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量) 65kg、平滑乾燥路面、無風、無点灯状態で、平坦路(1km)、勾配4度の上り坂(1km)、平坦路(1km)、勾配4度の下り坂(1km)を含む全長4kmの標準走行路を設定し、平坦路「変速機・3」15km/h、上り坂「変速機・2」10km/h、下り坂「変速機・3」20km/hで走行し、1kmごとに一旦停止。

※2 容量は、Typ.容量(代表容量)として、当社が従来から使用している方法で測定したバッテリー容量であり、標準パターンで走行した場合に使用できるバッテリー容量の平均値。JIS C 8711によるとTyp.容量12.3Ahのバッテリーは定格容量12.0Ah容量となる。

※3 バッテリーの残量がほぼ無い状態から、満充電までの時間を指します。環境や条件によって充電時間が異なる場合があります。

 

トピック

タグ


*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

プレス連絡先

コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

広報全般(モータースポーツ関連を除く) (本社)0538-32-1145 /(東京)03-5220-7211

関連コンテンツ