Skip to content
「MJ-SuperJet」
「MJ-SuperJet」

プレスリリース -

マリンジェット2021年モデルを発売 〜30年ぶりにフルモデルチェンジした「MJ-SuperJet」も投入〜

 ヤマハ発動機株式会社は、水上オートバイ「マリンジェット」の2021年モデル計9機種を2021年3月より順次発売します。

 2021年ラインアップでは、長年にわたって根強い人気のある一人乗りスタンドアップモデル「MJ-SuperJet」に4ストロークエンジン「TR-1」を搭載するなど30年ぶりにフルモデルチェンジを施し、国内に導入します。
 新たな「MJ-SuperJet」は、当社スタンドアップモデルとして初の4ストロークエンジンを採用したほか、ハンドルの位置を3段階に調整できるハンドルポール、ユーザーの技量などによってエンジン出力を抑制できる「Lモード」などを装備し、走行性能や環境性能の向上とともに、走る楽しさを追求しています。

 そのほか2021年ラインアップでは、旋回性と加速性をさらに向上させたハイエンドパフォーマンスモデル「MJ-GP1800R SVHO」(フルモデルチェンジ)、装備を充実させ利便性を高めたレクリエーショナルモデル「MJ-VX Cruiser HO」(マイナーチェンジ)を投入。
 また、「MJ-FXシリーズ」全モデル、および「MJ-EXR」の計6機種については、カラーリングやグラフィックを刷新しました。

 

 

【MJ-SuperJetの主な機能・特徴】

●艇体のデザイン

・強化ガラス繊維で型取ったのち、真空圧で樹脂を注入する真空含侵工法「VaRTM」を製造過程に採用しました。これにより頑丈で、レースを想起させる先鋭的なデザインが実現しました。

・フロントワイドなハルの形状により、走行時および旋回時に安定性を発揮します。

・新構造のハッチを採用。ハッチの軽量化により、重量重心が下がり、ハンドリング性能を高めています。

●新設計のジェットポンプ

・直径144㎜のジェットポンプと新インペラにより、吸水・放出量が増加し、加速性が高まりました。

・2段階式のステアリング調整機能を搭載し、ライダーの好みに応じた走行フィーリングを可能にします。

●Lモード/ゲージの搭載

・エンジン出力を抑制するLモードの採用により、ユーザーの技量に合わせた操船やエコドライブをサポートします。

・燃料残量や警告灯などを表示するゲージ・ディスプレイをスタンドアップモデル艇へ初搭載しました。

●フットトレイの拡幅

・フットトレイ幅が旧型比20%拡張し、ライディングポジションの自由度を高めるとともに、水中からのライダーの乗り込みをサポートするリボーディングホルダーを設置しました。

 

【MJ-GP1800R SVHOの主な機能】

●オート・トリム・システム

・走行状態に合わせてトリム角度を自動最適化することで、コーナリングやラウンチ時に減速を検知してトリムを下方方向へ作動させます。これにより、コーナリングでは、高いグリップ力の旋回性を実現し、ラウンチではバウライズを抑えて高い加速感が得られます。

●新形状ハンドルバー

・レーシングイメージの荒々しいデザインを採用したハンドルバー。オート・トリム・システム等の各種機能を搭載したファンクションディスプレイ「コネクスト」を配置しています。

 

【MJ-VX Cruiser HOの主な特長】

●各種アクセサリーの拡張

・LEDライト付き防水グローブボックス、USBポート、12Vアウトレット、シート下大型防水収納ボックス、一体型オーディオの追加により利便性が向上しました。

・リボーディングステップ・グリップによりスムーズな乗り込みをサポートします。

 

【マリンジェットに採用されている主な機構・技術】

●RiDE

・ハンドルに装備された「RiDE レバー」の操作で、減速や後進などの操縦を素早く直感的に行うことができる革新的なシステム。微速で行う着岸時の操船も容易にします。

●エレクトリック・トリム・システム

・プレーニング状態への移行や、波のコンディションに合わせた艇体姿勢の調整など、ライダーの好みの走行姿勢をボタン操作により素早く設定できるシステムです。

●ノーウェイクモード/クルーズアシスト

・「ノーウェイクモード」は、マリーナ内など徐行が必要なエリアにおいて安定した低速走行をサポートするシステム。「クルーズ・アシスト・システム」は長時間のクルージングにおいて一定のエンジン回転数での走行を保持します。

●コネクスト・マルチファンクションディスプレイ(CONNEXT)

・運転情報、各種操船コントロールを集中管理できる「Connext(コネクスト)」を採用。タッチセンサー付きの4.3インチカラー液晶マルチファンクションメーターを搭載し、スピードやエンジン回転数、シフトポジションやトリムポジション、燃料計など操縦時に必要なあらゆる情報を表示、管理できます。

・トップスピードと加速のプリ設定を可能とする「ドライブコントロール」を搭載。マリンプレイの種類や状況に合わせて6種類の走行モードから選択できます。

・「アジャスタブルノーウェイクモード」を搭載し、ノーウェイクモードにおける速度の微調整を可能にしています。

 

【マリンジェット2021年ラインアップ】

 

トピック

タグ


*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための配信です。
資料・素材を報道目的以外に転送・使用する事はご遠慮願います。

プレス連絡先

コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

広報全般(モータースポーツ関連を除く) (本社)0538-32-1145 /(東京)03-5220-7211

関連コンテンツ