Skip to main content

アンサルドSTS社がイタリアの鉄道インフラ管理会社から信号・運行管理システムの機器に関する技術支援・保守サービスを約125億円で受注

Press Release   •   Jun 28, 2017 11:00 JST

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社であるアンサルドSTS社(CEO:Andy Barr)は、イタリア共和国(以下、イタリア)の鉄道インフラ管理会社であるレーテ・フェッロヴィアーリア・イタリアーナ(Rete Ferroviaria Italiana/以下、RFI)から信号・運行管理システムの機器に関する技術支援・保守サービスを1億ユーロ(約125億円*)で受注しました。

契約範囲は、RFIの路線に納入したアンサルドSTS社の機器の技術支援・保守サービスと修理および設定変更とシステムアップデートです。契約期間は2年間で、詳細は以下の通りです。

  1. RFIの路線に納入した機器の技術支援・保守サービスおよび修理。
  2. RFIの路線に納入した機器の設定変更およびシステムアップデート。

これらのシステムは、RFIの在来線および高速線を含むイタリア各地の主要路線で導入されています。

アンサルドSTS社は、RFIの鉄道システムの改修を通して、乗客および地域社会全体の安全性の向上に貢献します。

*1ユーロ=125円で換算。

以上

Comments (0)

Add comment

Comment