Skip to content
2021年度グッドデザイン賞を受賞! 「半蔵門線 新型車両18000系」

Press release -

2021年度グッドデザイン賞を受賞! 「半蔵門線 新型車両18000系」

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)及び車体製作を担当した株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区 執行役社長兼COO:小島 啓二)は、半蔵門線新型車両18000系が、「2021年度グッドデザイン賞」(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を共同で受賞したことをお知らせします。

受賞した取組みの概要と受賞理由は以下のとおりです。

(1) 概要

半蔵門線18000系は8000系に代わる新型車両として2021年8月に営業運転を開始しています。
「伝統と新しさが交じり合う街に更なる活力を」をコンセプトに、幅広いお客様の乗車目的に寄り添えるようなデザイン、安全・安定かつ快適な輸送サービスや環境負荷低減を実現する信頼性の高い技術、多様なお客様の多彩なニーズに対応したバリアフリー施策を充実させています。

(2) 受賞理由

 ①半蔵門線のアイデンティティである江戸、東京的な紫色がアルミ車両とのマッチングとともに内外に効果的に配色され、利用者にとっても印象的で好感の持てる点、②座席幅が広くなり、大幅なフリースペースの増強、車椅子やベビーカーの乗降性の向上を実現するほか、液晶モニターの情報提供やスピーカーの音質向上など、利用者目線で細やかな改善が施されている点、③アルミによる軽量化、高度なモニタリングシステムによる安定性の向上、駆動システムに永久磁石同期電動機などを採用し環境配慮がされている点など、長距離、高頻度ダイヤで大量輸送を担う車両において、必要なことを効果的に処理し、新しい東京を支える、美しさと機能性、また利用者への細やかな配慮を併せ持ったデザインとして評価されました。

半蔵門線18000系の主な特徴については別紙をご参照ください。

別紙

Subjects

Press contacts

Hitachi, Ltd.

Press contact

Related content

Hitachi Rail - Japanese
60 Ludgate Hill
EC4M 7AW London
United Kingdom
Visit our other newsrooms