Skip to content
Yamaha VR46 Master Camp 本年より3年間の継続を決定、第7回は欧州から5名を選抜、女性ライダーが初参加

ニュース -

Yamaha VR46 Master Camp 本年より3年間の継続を決定、第7回は欧州から5名を選抜、女性ライダーが初参加

 ヤマハ発動機株式会社は、バレンティーノ・ロッシ選手が主宰する「VR46 Riders Academy」と、過去3年に渡り行ってきた若手人材の育成プロジェクト「Yamaha VR46 Master Camp」について新たに3年契約を結びました。本年より各年2回、計6回のトレーニングプログラムをイタリアにて実施する予定です。

 今年初となる5月(通算7回目)の開催では、当社の現地法人Yamaha Motor Europe N.V. (YMENV)が、行っている若手ライダーの育成サポートプログラム「R3 bLU cRU Challenge」とコラボレーション。スーパースポーツ300世界選手権(WSSP300)に参戦するイタリア人2名、フランス人1名、オランダ人1名、スペイン人1名の5名を選抜しました。特にスペイン出身者、ビアトリス・ネイラ選手は初の女性参加者となります。
 各ライダーは、約1週間に渡りイタリアに滞在し「VR46 Riders Academy」の施設「モーター・ランチ」をはじめ近隣のサーキットなどで、「VR46 Riders Academy」のスタッフやMotoGP世界選手権に参戦するライダーなどの指導を受けながらトレーニングに励みます。

 当社は世界へ羽ばたくライダーの発掘・育成を目的に、2015年よりステップアップのための環境整備を進めてきました。「Yamaha VR46 Master Camp」は、その一環として2016年に導入され、これまで、日本、インドネシア、タイ、マレーシア、オランダ、フランス、フィンランド、ウクライナ、イタリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリアの計13ヵ国から、YZF-R25やR3でレースに参戦している10代の若者を中心に32名が参加を果たしています
 過去参加者の内、本年はアピワット・ウォンタナノン選手(タイ)がアジアロードレース選手権のASB1000、ガラン・ヘンドラ・プラタマ選手(インドネシア)とエリトン・カワカミ選手(ブラジル)がWSSP300、ケミン・クボ選手(タイ)とカスマ・ダニエル・ビン・カスマユディン選手(マレーシア)がCEVヨーロッパ選手権Moto2に参戦しているなど、「Yamaha VR46 Master Camp」の卒業生たちは世界のレースで挑戦を続けています。

 

「Yamaha VR46 Master Camp」の活動は、特設サイトにてご覧いただけます。
https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/vr46ra/jp/

 

第7回「Yamaha VR46 Master Camp」参加ライダー

フィン・デ・ブラウン Finn De Bruin
国籍:オランダ/18歳(2000年生まれ)
主な成績
2018年 Dutch R3 Cupチャンピオン

ケビン・サバトゥッチ Kevin Sabatucci
国籍:イタリア/20歳(1999年生まれ)
主な成績
2018年 CIV Supersport 300チャンピオン
2018年 スーパースポーツ300世界選手権 ランキング20位

ジャコポ・ファッコ Jacopo Facco
国籍:イタリア/19歳(2000年生まれ)
主な成績
2017年 スーパースポーツ300世界選手権 ランキング17位
2018年 CIV Supersport 300ルーキークラス チャンピオン
2018年 スーパースポーツ300世界選手権 ランキング37位

ビアトリス・ネイラ Beatriz Neila
国籍:スペイン/17歳(2002年生まれ)
主な成績
2018年 Spanish National R3 bLU cRU Challenge ランキング3位

アンディー・バードア Andy Verdoïa
国籍:フランス/16歳(2002年生まれ)
主な成績
2018年 スーパースポーツ300世界選手権 ランキング26位

 

トピック

タグ

プレス連絡先

MS戦略部 企画・管理グループ

レース関連 0538-37-4025

関連コンテンツ

ヤマハ発動機グループは、「世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを目的に、人々の夢を知恵と情熱で実現し、つねに「次の感動」を期待される企業、”感動創造企業“をめざします。

ヤマハ発動機は、パワートレイン技術、車体艇体技術、制御技術、生産技術を核とし、二輪車や電動アシスト自転車などのランドモビリティ事業、ボート、船外機等のマリン事業、サーフェスマウンターやドローンなどのロボティクス事業など多軸に事業を展開、世界30 ヶ国・地域のグループ140社で開発・生産・販売活動を行い、企業目的である「感動創造企業」の実現に取り組んでいます。今や、当社製品は180 を超える国・地域のお客さまに提供され、連結売上高の約9 割を海外で占めています。http://global.yamaha-motor.com/jp/

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための専用サイトです。
本サイトの資料と素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。