Skip to content
全日本ロードレース選手権 Rd.07 10月5-6日 オートポリス

ニュース -

全日本ロードレース選手権 Rd.07 10月5-6日 オートポリス

RACE DATA

■大会名称:MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦 オートポリス大会

■カテゴリ:JSB1000

■開催日:2019年10月5日(土)、10月6日(日)

■会場:オートポリスサーキット(4.674km)

JSB1000 レース1

■開催日:2019年10月5日(土) ■観客:2,415人

■天候:晴れ ■気温:21度 ■コース:ドライ

■周回数:20周 

■PP:中須賀 克行(1分46秒306/ヤマハ)

■FL:野左根 航汰(1分48秒092/ヤマハ)

JSB1000 レース2

■開催日:2019年10月6日(日)■観客:4,020人

■天候:晴れ ■気温:18度 ■コース:ドライ

■周回数:20周 

■PP:中須賀 克行(1分47秒139/ヤマハ)

■FL:中須賀 克行(1分48秒007)

J-GP2

■開催日:2019年10月6日(日)

■周回数:6+6周 ■天候:晴れ ■コース:ドライ

■PP:名越 哲平(1分51秒708/HARC-PRO)

■FL:榎戸 育寛(1分51秒746/HARC-PRO)

ST600

■開催日:2019年10月6日(日)

■周回数:15周 ■天候:晴れ ■コース:ドライ

■PP:小山 知良(1分53秒403/ホンダ)

■FL:國峰 啄磨(1分53秒528/ホンダ)

REPORT https://race.yamaha-motor.co.jp/jsb1000/2019/rd07/

 

トピック

タグ

プレス連絡先

MS戦略部 企画・管理グループ

レース関連 0538-37-4025

関連コンテンツ

ヤマハ発動機グループは、「世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを目的に、人々の夢を知恵と情熱で実現し、つねに「次の感動」を期待される企業、”感動創造企業“をめざします。

ヤマハ発動機は、パワートレイン技術、車体艇体技術、制御技術、生産技術を核とし、二輪車や電動アシスト自転車などのランドモビリティ事業、ボート、船外機等のマリン事業、サーフェスマウンターやドローンなどのロボティクス事業など多軸に事業を展開、世界30 ヶ国・地域のグループ140社で開発・生産・販売活動を行い、企業目的である「感動創造企業」の実現に取り組んでいます。今や、当社製品は180 を超える国・地域のお客さまに提供され、連結売上高の約9 割を海外で占めています。http://global.yamaha-motor.com/jp/

*こちらは、報道関係者の方にヤマハ発動機の広報資料をご覧いただくための専用サイトです。
本サイトの資料と素材を報道目的以外に使用する事はご遠慮願います。